女子プログラミング奨学制度 スタート!

2021年4月25日(日)に女子生徒のみを参加対象とした『情報オリンピック 第1回女性部門』が開催されます。
秀英塾ではこの機会にプログラミングを始めようと思う方を支援するため、「女子プログラミング奨学制度」をスタートします。

(2021/2/1追記)
原則として、募集を締め切りました。
ただし、2月中に進学先が決まった現中3生(高専の合格者や、県立高校の推薦入学者)に限定して、募集を延長します。
詳しくはお問い合わせください。

(2021/3/1追記)
すべての募集を締め切りました。

情報オリンピックとは

高校生以下の生徒を対象に、毎年開催されている科学オリンピックの1つ(他には数学オリンピックや化学グランプリなど)で、上位成績者は国際大会にも出場できる大会です。

問題の答えを出すこと自体ではなく、答えを出すプログラムを作成する力を競います。

国内予選はオンラインで実施されるため、場所や学校を問わず誰でも参加可能です。

女子プログラミング 奨学制度

秀英塾ではこの機会にプログラミングを始めようと思う方を支援するため、「女子プログラミング奨学制度」をスタートします。

以下の条件を守れる方は、

4月までの受講料を無料とします。

※1月末までに申込をした方を対象とします。申込者多数の場合は、先着順とします。

条件① 『情報オリンピック第1回女性部門』に参加すること

2021年4月25日(日) 13:00〜16:00に実施の『情報オリンピック第1回女性部門』に参加してください。
大会の参加費は無料です。
大会の参加要項は、「日本情報オリンピック 第1回女性部門」の公式HPをご確認ください。

なお大会はオンラインで実施されますので、教室のPCを使って参加可能です。
大会当日は大会参加者に向けて教室を無料開放します。

条件② 4月まで継続的に週1回程度、教室に通うこと

基本的に毎週土曜日のプログラミング教室に、最低1コマ(80分)参加してください。
家の都合や部活の予定などで、どうしても参加できない場合は土曜日以外に振り返ることもできますのでご相談ください。

やる気のある生徒は、1コマ以上の受講も無料で可能です。
家にあるノートPCを使って家庭学習したい場合は、教室に持ってきてくれれば必要なソフトのセットアップを手伝います。ご相談ください。

条件③ 諦めずに、粘り強く考えることができること

学校の勉強とは異なり、簡単に答えが出る問題ばかりではありません。
むしろ情報オリンピックでは答えを出すことが目的ではなく、問題を解くための手順をプログラムにする必要があります。
(暗記している知識を問う問題や、デザインする力、プレゼンテーション能力を競う問題は出題されません)

最初のうちは、作ったプログラムが上手く動かずイライラするかもしれません。
基本的に英語を使うので、なかなか覚えられないかもしれません。
数学の証明問題をやっているようで、頭がこんがらがるかもしれません。

でもプログラミングの面白さは、少しできるようになってから初めて感じることができるものです。
諦めずに一緒に頑張りましょう!!

まずは無料体験授業に参加してみませんか?

「塾に通うのが初めてでちょっと不安」「自分に合う塾なのかわからない」といったお悩みをお持ちの方、一度、当塾の無料体験授業に参加してみませんか。1コマ80分の授業を2コマまで無料で体験することができます。
体験授業の前には15分程度のカウンセリングを行い、お子様の学習状況をしっかりお伺いします。疑問に感じていることや不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。

体験授業のお申し込み方法

体験授業は、予約制となります。お電話またはネットからお申し込みください。

お電話でのお申込みはこちら

「ホームページを見た」とお伝え下さい。

ネットからのお申込みはこちら

下記ボタンをクリックして、お申し込みフォームに必要事項をご記入ください。お申込内容を確認のうえ、3営業日以内にメールにて受講可能日時をご連絡いたします。

※ご入力いただくメールアドレスが携帯電話・スマートフォンの場合、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いいたします。