入試突破に必要な総合力UP

2019年度に実施した「ハイレベル一斉授業」の好評を受けて、2020年度は内容をより充実して実施します。

毎週水曜日に、国立高専や県立高校普通科への入学を目指す中3生を対象とした一斉授業を実施します。
実際の入試形式をもとにした対策講座になっているので、普段の中間・期末テストでは気づけない弱点を徹底的に克服して総合力UPを目指します。

実施概要

期間2020年6月3日(水) ~ 2021年2月24日(水)
毎週水曜日(全36回)  ※8月12日、9月2日、12月30日は休講
時刻18時30分~21時20分
受講料月額10,000円(塾生料金)
月額20,000円(外部生)
注意事項授業を欠席した場合、補充はありません。授業で使用したプリントは配布いたします。

講座の流れ

講座は、①模試や入試の過去問を行う日と②入試に出題されやすい独自プリントを行う日に分かれます。

※①の過去問演習は、1日1教科もしくは2教科ずつ実施します。(実施教科の詳細スケジュールはお問い合わせください)

例)過去問演習の日の場合(2教科実施日は、①~③を2回繰り返します)
①過去問を決められた時間内に解く
日ごとに用意された過去の模試・入試を試験時間内(通常50分、英語はリスニング10分+筆記40分)に解きます。
②自己採点する
解答を配布するので、まずは自己採点します。自己採点シートには問題ごとの全受験生の正答率を記載しています。
正答率が高いのに間違えた問題があなたの弱点です。
③解答解説を行います
受験生がミスしがちな問題や、今後習う範囲に関連する重要な問題を中心に解説を行います。
自己採点シートをもとに受講生の正答率が低かった問題の解説や、受講生からの質問も柔軟に受け付けます。
④特訓問題にチャレンジ
過去問に関連した難しめの問題や、受験生全体が苦手とする分野は特訓を行います!
独自に作成したプリントを配布するので、重点的に克服しましょう!
⑤残り時間は自習OK
特訓問題がない日や早く終わった日は、残り時間を自習に使ってもOKです。
学校での定期試験の見直しや、今日の演習で発覚した苦手分野をテキストで復習する人が多いです。

年間スケジュール

 主な実施内容
6月英作文
国語作文対策
7月~8月全県模試・過去問解説
第2回全県模試 解答解説
第3回全県模試 解答解説
9月頻出問題
10月~1月全県模試・過去問解説
第4回~第7回全県模試 解答解説
2月県立入試・過去問解説

年間の詳細スケジュールは、お気軽にお問い合わせください